<< 「水」の話し | main | コーヒー一期一会 >>

雑味の重要性について

0

     もし、コーヒーについて一般の方であるならばコーヒーは雑味はない方が良いとお答えします。雑味が多いとコーヒーは飲みづらいものになりますし豆本来の味がマスキングされてどうもよくありません。ネットを見ましても現在では多くの自家焙煎店がハンドピック(欠点豆や異物を取り去る作業のこと)を実行しています。ちなみに、一口にハンドピックと言いましてもスペシャルティ豆とスタンダード豆では労力にかなり差がありスタンダード品の方が概して欠点豆や異物が多いため時間がかかります。(スタンダード豆はハンドピックによって1ランク以上優秀な豆になることはよくある)

     さて、ここからは私見となりますが「では雑味の全くないコーヒーは美味しいコーヒーなのか?」と問われれば違うのではないかと思います。多ければ確かに問題なのですが微量であればコーヒーの味全体を引き締めるのに功を奏しているのだと思います。雑味の全く感じられないコーヒーは私にはワサビのついていない寿司を食べている気分になりどうもしっくりこない。他の人はどう感じるのか疑問に思い以前実験で徹底的にハンドピックしさらに粒も揃えた豆でお客様にコーヒーを淹れ感想を聞いてみたことがありました。そうしましたら「飲みごたえがない」という返答でした。それを聞いて「なるほど」と思ったものです。(他のロースターが同じような実験をした場合違う結論が導き出されることも考えられることなのであくまでも私が焙煎した豆ではという条件が付くことをご了承ください。)

     特にこのことは夏場にアイスコーヒーを作っているとよく感じます


    スポンサーサイト

    0
      • 2019.08.08 Thursday
      • -
      • 10:47
      • -
      • -
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      calendar
          123
      45678910
      11121314151617
      18192021222324
      25262728293031
      << August 2019 >>
      PR
      selected entries
      archives
      recent comment
      recommend
      links
      profile
      search this site.
      others
      mobile
      qrcode
      powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM