<< コーヒー豆の飲み頃 | main | 抽出の話2 >>

スポンサーサイト

0
    • 2019.08.08 Thursday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    抽出の話1

    0

      普段ドリップ式でコーヒーを淹れている方の中にはお気付きの方もいらっしゃると思いますが、ドリップ式で一度に1杯分を淹れるのと複数杯分を淹れるのとでは味は違ったものになります。(同じ要領で淹れた場合の話ですが)

      味が異なってしまう要因で特に大きいのは抽出時間だと私は思います。

      時間によって粉から出る成分が違ってくるからです。

      抽出時間が短すぎる場合、味は薄くはなるものの不味くはならないことが多いのですが逆に長すぎる場合不味い成分が出る上に潤いのない味で香りもないようなコーヒーが出来上がることがよくあります。

       ドリップ抽出はドリッパー内に十分泡が残っている間に終了させねばなりません。泡の切れ間が見えてくるようではすでに抽出時間オーバーとなります。

       また、浅煎りと深煎りの豆を比べた場合泡の持続時間は浅煎りは短く深煎りは長くなります。そのため深煎りは多めの量(杯数)を淹れても(抽出時間が少し長くなっても)問題のないことが多いのですが浅煎り〜中煎りの場合はできれば1〜2杯分(多くても3杯分)くらいにとどめておく方が良いと思います。

       ドリップ方式といってもコーヒー屋によってその手法は様々ですが、こうした煎り具合と抽出時間の関係はやはり傾向があるように思われます。概して深煎り派は粉による濾過層を崩さぬよう丁寧にそしてコクが出るよう少し時間をかけて注湯していることが多く逆に浅煎り派は濾過層にはあまりこだわらずスピーディーに注湯しているケースが多いと思われます。

       


      スポンサーサイト

      0
        • 2019.08.08 Thursday
        • -
        • 16:44
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        calendar
             12
        3456789
        10111213141516
        17181920212223
        24252627282930
        << November 2019 >>
        PR
        selected entries
        archives
        recent comment
        recommend
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM